ケーブルクロスフロントレイズとは

肩の前側(三角筋前部)を鍛える種目。

2本のケーブルで行うケーブルクロスオーバーマシンで行う。


・メリット
ケーブルを利用することで下げる際でも、ダンベルと比べ負荷が抜けにくい。
アップライトローなどと違い、両手を別々にやることで僧帽筋の関与を減らしやすい。

・デメリット
ケーブルクロスオーバーマシンのタイプによってはできない場合があるかもしれない。

似た種目として1本のケーブルマシンでストレートバーや二股ロープを使って行うケーブルフロントレイズがある。

*ケーブルクロスオーバーマシンもケーブルマシンの一つですが、種目の違いを説明するために、ケーブルクロスオーバーマシンで2本のケーブルを利用した場合のフロントレイズを当サイトではケーフルクロスフロントレイズと呼んでいます。

英語名 Cable Cross Front Raise
対象筋 三角筋前部
種目タイプ アイソレート種目(単関節種目)

やり方

  1. 重さを調節する。ケーブルは下から引くので一番下に設定する。
  2. ケーブルの両方グリップを握る。
  3. 上げる時は肩の高さまで上げる。下げる時は負荷が抜けない位置で止める。

ポイント

  • 片手ずつやる方法と両手一度にやる方法がある。
  • 肩をすくませると僧帽筋を使っていますので注意。
ログログ

肩をすくませて僧帽筋を使ってしまうと三角筋のトレーニングにならないから気をつけよう!

基本的なトレーニング

1.アップ:軽い重さで10回(レップ)×1セット
2.筋トレ:10回(レップ)×3セット

*回数のことをレップといいます。
例:10回上げる=10レップ。10レップを2回やる=10レップ×2セット。

ログログ

あくまで基本なので目的に応じてトレーニングのやり方をカスタマイズしよう!あとケガを避けるためにアップ大切!

使用するトレーニング器具

・ケーブルクロスオーバーマシン

ログログ

自宅でこの種目は難しい。パワーラックにケーブルを付属させるタイプもあるけど、ケーブル2本とも位置を下からに設定できるタイプをまだ見たことがない。

あると便利なサポーター

・トレーニンググローブ
・エルボースリーブ
・リストストラップ
・パワーグリップ

ログログ

パワーグリップがあると握力を補助してくれるよ!