ケーブルフェイスプルとは

肩の後ろ側(三角筋後部=リア)をメインに鍛える種目。

ラットプルマシンやケーブルマシンを使って行います。

肩の後ろ側以外にも肩の横(三角筋中部)や棘上筋という筋肉を関与します。

英語名 Face Pull
対象筋 三角筋(中・後部)、棘上筋
種目タイプ コンパウンド種目(多関節種目)

やり方

  1. ケーブル1本使用。ケーブルを頭より高い位置にセット。アタッチメントを二股ロープに変える。重量を調節する。
  2. 腕を伸ばしてロープを握る。
  3. 二股ロープの間に顔が来るように脇を開きながら引く。

ポイント

  • 引く時は背筋を伸ばして引く。
  • 三角筋の種目なので、脇を閉じながらヒジを曲げて引くのではなく、脇を開くように肩関節を外側に広げるように引く。
  • 肩をすくませると僧帽筋に負荷が逃げてしまうので注意。
ログログ

どこに効かしたいのか意識しよう!

基本的なトレーニング

1.アップ:軽い重さで10回(レップ)×1セット
2.筋トレ:10回(レップ)×3セット

*回数のことをレップといいます。
例:10回上げる=10レップ。10レップを2回やる=10レップ×2セット。

ログログ

あくまで基本なので目的に応じてトレーニングのやり方をカスタマイズしよう!あとケガを避けるためにアップ大切!

使用するトレーニング器具

・ラットプルマシンorケーブルマシン

ログログ

家にほしい場合、パワーラックの付属品やラットプルマシンなら個人でも購入できると思うよ!

あると便利なサポーター

・トレーニンググローブ
・リストストラップ

ログログ

リストストラップがあると追い込むやすいよ!