ケーブルフロントレイズとは

肩(三角筋)の前部を鍛える種目。

ケーブルマシンで1本のケーブルを使って行う。
アタッチメントをストレートバーと二股ロープに変えて行う方法がある。

*当サイトではケーブルクロスオーバーマシンで2本のケーブルでやる種目をケーブルクロスフロントレイズ。ケーブルマシンで1本のケーブルでやる種目をケーブルフロントレイズと区別するために呼んでいます。

・メリット
ダンベルフロントレイズよりも負荷が抜けにくい。

英語名 Cable Front Raise
対象筋 三角筋前部
種目タイプ アイソレート種目(単関節種目)

やり方

  1. 重さを調節する。ケーブルは下から引くので一番下に設定する。
  2. ストレートバーもしくは二股ロープを両方グリップを握る。
  3. 肩をすくまないように肩の高さまで腕を上げる。

ポイント

  • 手幅が狭く両手同時に上げるため僧帽筋に効きやすい。肩をすくませないように気をつけること。
  • ヒジを曲げてしまうと僧帽筋を使いやすいので腕は伸ばしたまま上げる。
ログログ

アップライトローも手幅が狭くなると僧帽筋に効きやすくなるから似てる部分があるね。

基本的なトレーニング

1.アップ:軽い重さで10回(レップ)×1セット
2.筋トレ:10回(レップ)×3セット

*回数のことをレップといいます。
例:10回上げる=10レップ。10レップを2回やる=10レップ×2セット。

ログログ

あくまで基本なので目的に応じてトレーニングのやり方をカスタマイズしよう!あとケガを避けるためにアップ大切!

使用するトレーニング器具

・ケーブルマシン
・ストレートバーor二股ロープ

ログログ

ケーブル1本のケーブルマシンでも2本のマシンでもできるよ!

使用するサポーター

・トレーニンググローブ
・リストストラップ
・パワーグリップ
・エルボースリーブ

ログログ

腕を伸ばして行うのでヒジ関節に負担がかかりやすいよ。