ショルダープレスマシンとは

肩の前側(三角筋前部)をメインに肩の横(三角筋中部)も鍛える種目。

ダンベルやバーベルで行うショルダープレスをマシンで行えるようにしたものです。

マシンを使うことによって決まった軌道で行うことができるため、初心者でも安全に行うことができます。

また、ダンベルを使わないことでオンザニーから肩への蹴り上げ動作の必要が無くなり、より簡単に重いウエイトを扱うことができます。

英語名 Shoulder press machine
対象筋 三角筋前部・中部
種目タイプ コンパウンド種目(多関節種目)

やり方

  1. 座席の高さと重さを調節。
  2. 背もたれに背をつけて胸を張り、グリップを握る。
  3. グリップを上下させる。下す位置は耳からアゴの間ぐらい。

ポイント

  • 胸を張り、肩甲骨を寄せましょう。肩をすくませない(=肩甲骨を挙上)ように注意。
  • 始めは軽い重さからアップして筋肉を温めましょう。
  • 下す位置は耳からアゴの間辺りにすることで、深く下すよりもケガのリスクを下げることができます。
ログログ

鎖骨の辺りが痛いなと思ったら無理しちゃダメだよ!

基本的なトレーニング

1.アップ:軽い重さで10回(レップ)×1セット
2.筋トレ:10回(レップ)×3セット

*回数のことをレップといいます。
例:10回上げる=10レップ。10レップを2回やる=10レップ×2セット。

ログログ

あくまで基本なので目的に応じてトレーニングのやり方をカスタマイズしよう!あとケガを避けるためにアップ大切!

使用するトレーニング器具

・ショルダープレスマシン

ログログ

自宅で用意するのは大変なのでジムで利用することになると思うよ。

使用するサポーター

・トレーニンググローブ
・リストラップ
・エルボースリーブ

ログログ

マシンは軌道が安定しているのでフリーウエイトより必要性はさがるけど、ケガのリスクを下げられるからドンドンサポーターを使っちゃったほうがいいよ。