シーテッド サイドレイズとは

サイドレイズを座ってやる種目。

三角筋中部・肩の横の張り出しを作ることができる。

広い肩を作ることで逆三角形の体につながる。

座ってやることでチーティング(反動)が使いづらくなり、負荷をしっかりかけることができる。

英語名 Seated side raise
対象筋 三角筋中部
種目タイプ アイソレート種目(単関節種目)

やり方

  1. ベンチに座ってダンベルを両手に持つ。
  2. 小指側から腕を体から離れていくように上げる。
  3. 肩の高さまで上げたら下げる。

ポイント

  • 上げる時に親指が上を向いた状態でなく、小指側から上に引き上げる。
  • 肘は伸ばした状態でやった方がいいが、痛みがある場合や高重量を扱う場合は、肘を曲げることで関節の負担を減らす方法もある。
  • 下す位置は負荷が抜けない位置までにする。
ログログ

サイドレイズを座ってやると、立ってやってた時にどれくらいチーティングを使っていたかわかるよ!

基本的なトレーニング

  1. アップ:軽い重さで10回(レップ)×1セット
  2. 筋トレ:10回(レップ)×3セット
*回数のことをレップといいます。例、10回上げる=10レップ。  10レップを2回やる=10レップ×2セット。
ログログ

あくまで基本なので目的に応じてトレーニングのやり方をカスタマイズしよう!あとケガを避けるためにアップ大切!

使用するトレーニング器具

フラットベンチ

ダンベル

ログログ

座ってできれば何でもいいよ!足がしっかりつく物がいいけど。

使用するサポーター

トレーニンググローブ

パワーグリップ

リストストラップ

ログログ

手首が痛い人はリストストラップおすすめ!