スミスベンチプレスとは

胸(大胸筋)を鍛える種目。
スミスマシンは軌道が決まっているため、安定して行うことができる。
バーベルラックの位置をベンチを動かすことで自由に決めることができるため、ラックアップが苦手な人には多少楽になる場合もある。

デメリットはセーフティーバーがないため、高重量をやる際に危険がある。重いウエイトでやる場合は補助を誰かにお願いしたほうがいい。また、スミスマシンはラックからバーベルを外す際に手首を動かす必要があり、多少慣れるまでは違和感を感じる。

その他にはスミスマシンには軌道が真っすぐなタイプと斜めのタイプがある。

英語名 Smith Bench Press
対象筋 大胸筋
種目タイプ コンパウンド種目(多関節種目)

やり方

  1. スミスマシンのバーベルの高さをセットする。
  2. ベンチに仰向けになる
  3. バーベルを外して乳首からミゾウチの辺りに下す。
  4. バーベルを持ち上げる。

ポイント

  • プレートをつける前にバーの軌道に合わせてベンチの位置を調節しよう!
  • スミスマシンはセーフティーバーがないため、高重量を扱う場合は誰かにサポートをお願いしよう。
  • スミスマシンのバーベルに81㎝ラインがないことが多いので手幅は肩幅より広めに握ろう!骨格によって人によって幅は変わるよ。
  • ベンチに仰向けになるときは肩甲骨を寄せる。ブリッジを組んでアーチを作る。足を投げ出しすぎず、持ち上げた時に踏ん張れるようにしよう。背中のアーチを保つストッパーの効果もあるよ。
ログログ

セーフティーバーがないのが少し怖いね。軌道がぶれにくいので慣れればサムレスグリップやりやすいかも。

基本的なトレーニング

1.アップ:軽い重さで10回(レップ)×1セット
2.筋トレ:10回(レップ)×3セット

*回数のことをレップといいます。
例:10回上げる=10レップ。10レップを2回やる=10レップ×2セット。

ログログ

あくまで基本なので目的に応じてトレーニングのやり方をカスタマイズしよう!あとケガを避けるためにアップ大切!

使用するトレーニング器具

・スミスマシン
・プレート
・フラットベンチorインクラインベンチ

ログログ

スミスマシンは大きいけど、自宅に購入もできるよ!パワーラックにオプションで取り付けられるものもある。

あると便利なサポーター

・パワーベルト
・リストラップ
・トレーニンググローブ
・ウエイトリフティングシューズ
・エルボースリーブ

ログログ

手首が痛い人はリストラップをつかうといいよ。