ディップスとは

大胸筋下部と腕の裏側(上腕三頭筋)を鍛えられる種目。体の角度でどちらに効くかが変わる。

自重種目の中でも体のほとんどの重さがかかるため負荷が大きい。

さらにディップスベルトを使うことで加重することもできる。

やってみて負荷が大きすぎてできない場合は、他の種目で筋肉を増やしてから再チャレンジしてみよう!

英語名 Dips
対象筋 大胸筋下部、上腕三頭筋
種目タイプ コンパウンド種目(多関節種目)

やり方

【大胸筋下部】

  1. ディップスマシンのグリップを握って上体を前傾させる
  2. 肘を曲げて体を下げる
  3. 体を元の高さまで上げる

【上腕三頭筋】

  1. ディップスマシンのグリップを握って上体をまっすぐにする
  2. 肘を曲げて体を下げる
  3. 体を元の高さまで真下にグリップを押す

ポイント

  • 大胸筋下部を鍛える:上体を前傾させて体を前に押すような動作で行う。大胸筋で押す意識をしよう。
  • 上腕三頭筋を鍛える:真下に押すような動作で行う。腕の裏側(上腕三頭筋)に負荷がかかっていることを意識しよう。
ログログ

角度を変えて、鍛える部位を変えよう!

基本的なトレーニング

  1. アップ:軽い重さで10回(レップ)×1セット
  2. 筋トレ:10回(レップ)×3セット
*回数のことをレップといいます。例、10回上げる=10レップ。
ログログ

あくまで基本なので目的に応じてトレーニングのやり方をカスタマイズしよう!あとケガを避けるためにアップ大切!

使用するトレーニング器具

ディップス台

チンニング台(ディプススタンド付)

ログログ

イス2つの背もたれでディップスするのは、あぶないからやめようね!

あると便利なサポーター

トレーニンググローブ

ディップスベルト&プレート

ログログ

ディップスベルトで加重することができるよ!