バーベルフロントプレスとは

肩の前(三角筋前部)中心に肩の横(三角筋中部)まで鍛える種目。

鎖骨辺りから頭上に持ち上げて行います。

立ってやる場合、ラックがなくても床から持ち上げて行うことができますが、ラックやセーフティーバーがあった方が安全でやりやすいです。

この記事では立ってやる方法を解説して座ってやる方法は「シーテッド・フロントプレス」で紹介しています。

ショルダープレスとも言いますが、三角筋前部中部を狙部場合、首の後ろを上下させるバックプレスと区別するためにフロントプレスと呼んだ方がわかりやすいでしょう。別名: ショルダープレス( Shoulder press ) 、オーバーヘッドプレス(Front press)、ミリタリープレス( Military press )。

マシンで類似するトレーニングとしてショルダープレスマシンがあります。

英語名 Front press
対象筋 三角筋(前部・中部)、僧帽筋
種目タイプ コンパウンド種目(多関節種目)

やり方

  1. 肩の高さのラックにバーベルを置いて重さを調整する。
  2. ラックから持ち上げ、頭上に上げる。
  3. バーベルを下して、また持ち上げる。

ポイント

  • ラックがない場合は床から持ち上げる時に腰を痛めないように気を付けましょう。
  • ラックからバーベルを持ち上げる際は持ち上げた後に下半身を動かさなくていいように、しっかり構えてからやりましょう。
  • バーベルを下す位置は鎖骨近くまで下す方もいますが、肩のケガなどを避ける目的も兼ねて目や鼻の高さまででも行うことができます。
  • バーベルを上げた時に上げきって負荷が抜けないようにしましょう。
  • 座ってやるフロントプレスは下半身を使えないため、ラックの位置が肩よりも上になります。
ログログ

床に置くと時は気をつけよう!

基本的なトレーニング

  1. アップ:軽い重さで10回(レップ)1セット
  2. 筋トレ:10回(レップ)×3セット
*回数のことをレップといいます。例、10回上げる=10レップ。
ログログ

あくまで基本なので目的に応じてトレーニングのやり方をカスタマイズしよう!あとケガを避けるためにアップ大切!

使用するトレーニング器具

バーベルラックorパワーラック

インクラインベンチ(座ってやる場合)

プレート

カラー(留め具)

ログログ

テキスト

あると便利なサポーター

パワーベルト

リストラップ

トレーニンググローブ

エルボースリーブ

ログログ

テキスト