バーベルリバースフロントレイズとは

肩の前側(三角筋前部)を鍛える種目。

勢い(チーティング)をつけて行えるので、セット後半にオールアウトをさせやすい。

持ち上げられなくなったら、チーティングで持ち上げてゆっくり下すことでネガティブな刺激を与えることもできる。

腕を伸ばして行うため、高重量がやりづらいデメリットがある。

英語名 Barbell Front Raises Reverse Grip
対象筋 三角筋(前部)、僧帽筋(下部)
種目タイプ アイソレート種目(単関節種目)

やり方

  1. バーベルを逆手で握り、肩幅に立つ。
  2. ヒジを曲げずにバーベルを肩の高さ以上に持ち上げる。

ポイント

  • チーティングのかけ方はヒザを曲げて足の力を使うのもアリだが、股関節を前に突き出す力も使うと行い易い。
  • 腕を高く上げることで肩(三角筋)の前部をしっかりと収縮させよう。
  • ヒジが曲げて行ってしまうとバーが高く上がっていても、肩(三角筋)の前部の収縮は弱くなってしまう。肩関節に対してしっかり腕を上げましょう。
ログログ

関節が弱い人は痛めないように気をつけてね。サポーターで対策もできるよ!

基本的なトレーニング

  1. アップ:軽い重さで10回(レップ)×1セット
  2. 筋トレ:10回(レップ)×3セット
*回数のことをレップといいます。例、10回上げる=10レップ。  10レップを2回やる=10レップ×2セット。
ログログ

あくまで基本なので目的に応じてトレーニングのやり方をカスタマイズしよう!あとケガを避けるためにアップ大切!

使用するトレーニング器具

バーベルorEZバー

プレート

留め具(カラー)

ログログ

バーベルだけでも腕だけじゃなく肩も鍛えられるんだよ!

使用するサポーター

パワーベルト

リストラップ

トレーニンググローブ

エルボースリーブ

ログログ

腕を伸ばして行うのでエルボースリーブがあると助かるね。あとベルトがあると腹圧がかけやすいのでやりやすいよ!