リアデルトフライとは

ペックデックマシンを使って肩の後部(三角筋後部)を鍛える種目。

マシンのため軌道が決まっているので簡単に行うことができる。

逆にマシンのサイズが決まっているため、マシンのサイズに体が合わない場合はリアレイズなどダンベルやバーベルを使ったフリーウエイトで代用しよう。

英語名 Rear Delt Fly
対象筋 三角筋後部
種目タイプ アイソレート種目(単関節種目

やり方

  1. ペックデックマシンにマシンの方向に座る。グリップはマシン側に角度を設定しておく。
  2. グリップを握り、後方に押す。

ポイント

  • ベンチの高さはマシンの握る部分が肩の高さになるようにしよう。
  • 肩の後部は効いているのかわかりづらい。繰り返しているうちに効いているかがわかってくる。これがわかると自分に効く角度を探すことができます。
ログログ

マシンは軌道が決まっているからやりやすいね。

基本的なトレーニング

1.アップ:軽い重さで10回(レップ)×1セット
2.筋トレ:10回(レップ)×3セット

*回数のことをレップといいます。
例:10回上げる=10レップ。10レップを2回やる=10レップ×2セット。

ログログ

あくまで基本なので目的に応じてトレーニングのやり方をカスタマイズしよう!あとケガを避けるためにアップ大切!

使用するトレーニング器具

・ペックデックマシン

ログログ

家でペックデックマシンを買うこともできるけど、リアデルトフライができるかは確認しておいた方がいいよ!

あると便利なサポーター

・リストストラップ

ログログ

ペックデックマシンのグリップを握る必要がある場合使えたりするよ。