リバースケーブルクロスフロントレイズとは

肩(三角筋)の前部を鍛える種目。

ケーブルクロスオーバーの斜め上軌道で大胸筋上部を狙う種目ととてもよく似ている。大胸筋上部の収縮を意識するか、肩(三角筋)前部の収縮を意識するかで軌道がすこし変わってるく。

・メリット
ケーブルで行うことで負荷が抜けにくくなる。ダンベルと比べると可動域を少し広く行うことができる。

*ケーブルクロスマシンを使ったフロントレイズはケーブルクロスフロントレイズと呼んでいます。リバースはリバースグリップ=逆手を意味しています。
*片手で行う場合はワンハンドリバースケーブルクロスフロントレイズもしくはワンアームリバースケーブルクロスフロントレイズ。

英語名 Reverse grip Cable Cross Front Raise
対象筋 三角筋前部・(大胸筋上部)
種目タイプ アイソレート種目(単関節種目)

やり方

  1. 重さを調節する。ケーブルは下から引くので一番下に設定する。
  2. ケーブルの両方グリップもしくは片方を握る。
  3. 上げきった時に腕を肩より斜め上に突き出した状態で手のひらは上向きになるように押し出す。

ポイント

  • 行うときに片足を少し出して行うと安定しやすい。
  • ヒジは伸ばし過ぎず、曲げ過ぎず、肩(三角筋)の前部に負荷が乗っている状態を維持して行いましょう。
  • 片手でやる方法と両手でやる方法がある。
ログログ

下したときも負荷が抜けないからいいね。

基本的なトレーニング

1.アップ:軽い重さで10回(レップ)×1セット
2.筋トレ:10回(レップ)×3セット

*回数のことをレップといいます。
例:10回上げる=10レップ。10レップを2回やる=10レップ×2セット。

ログログ

あくまで基本なので目的に応じてトレーニングのやり方をカスタマイズしよう!あとケガを避けるためにアップ大切!

使用するトレーニング器具

・ケーブルクロスオーバー

ログログ

片手ならケーブル1本のケーブルマシンで行うことができるよ!

あると便利なサポーター

・トレーニンググローブ
・エルボースリーブ

ログログ

ヒジ関節が痛い場合は重量を落とすか、エルボースリーブで対策しよう!