リバースダンベルプレスとは

肩の前部(三角筋前部)を鍛える種目。またメインではないが、大胸筋上部も関与するので鍛えることができる。

メリットはボトムポジションでストレッチをしっかり効かせることができること。

デメリットはリバースグリップで行うため、不安定になりやすいく、高重量は扱いにくい。

別名:リバースダンベルベンチプレス(Reverse Grip Dumbbell Bench Press)

英語名 Reverse Grip Dumbbell Press
対象筋 三角筋前部、(大胸筋上部)
種目タイプ コンパウンド種目(多関節種目)

やり方

  1. ダンベルを逆手に持ち、フラットベンチに仰向けになる。
  2. 脇を締めてヒジを下げた状態を作る。
  3. 腕を上下に動作して行う。

ポイント

  • 胸ではなく、肩の前方をメインに鍛える種目なので、三角筋から負荷が抜けないようにしましょう。
  • リバースグリップ(逆手)でストレッチを効かせながらやるため、ケガしやすい。無理しすぎないように気をつけて。
ログログ

立ってやるよりも横になってやることで三角筋をよりストレッチできるね。

基本的なトレーニング

  1. アップ:軽い重さで10回(レップ)×1セット
  2. 筋トレ:10回(レップ)×3セット
*回数のことをレップといいます。例、10回上げる=10レップ。  10レップを2回やる=10レップ×2セット。
ログログ

あくまで基本なので目的に応じてトレーニングのやり方をカスタマイズしよう!あとケガを避けるためにアップ大切!

使用するトレーニング器具

フラットベンチ

ダンベル

ログログ

必要な器具が少ないので家でもやりやすいよ!

使用するサポーター

リストラップ

トレーニンググローブ

エルボースリーブ

パワーベルト

ログログ

ヒジが痛い人はエルボースリーブがおすすめ。リバースグリップで手首が痛い人は手首のストレッチをしてみるといいかも。